トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科

全身の健康は歯の健康から

当院では「全身の健康は歯の健康から」をモットーに予防を第一に考えています。 体の健康を保つためにもオーラルケアはとても重要です。

最新の研究で明らかになってきたのは、口腔内に発生するプラーク、歯肉の炎症が全身に影響を与えるということです。 特に歯周病は、全身の健康に大きく関係するという報告も受けています。糖尿病・心臓疾患・動脈硬化・誤嚥性肺炎・早産・低体重出産・ 骨粗しょう症・腎炎・関節炎といった全身疾患の原因となる危険因子となることがわかってきました。

虫歯や歯周病の本当の原因

虫歯や歯周病の原因は、細菌感染によるものだと言われていますが、健康な口腔にもそれらの細菌は存在いたします。 つまり、細菌が存在することが問題なのではなく、それらの細菌が活性化することが問題なのです。 細菌を活性化させるのは、生活習慣や口呼吸、舌の間違った使い方(特に嚥下時)によるものが多々見られます。

10年後、20年後の皆様の健康を守るためにも、当院では単なる虫歯や歯周病の治療だけでなくこれらの指導も行っておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

虫歯治療の流れ

むし歯は、進行状態によってCo~C4 までの段階に分けられます。少しでも早い段階で治療を始められるよう、日々のセルフチェックも心がけましょう。

むし歯●Co(シーオー:初期う触)
初期むし歯の状態ですが、まだ穴があいたり、黒くなったりしていない段階。フッ素やキシリトールを使って歯を再石灰化させ、改善していくことが可能な段階です。

むし歯●C1(エナメル質う触)
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態。象牙質までは達していないので、この段階では痛みはありません。治療は、むし歯の部分を必要最小限けずって、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

むし歯●C2(象牙質う触)
エナメル質の下の象牙質にまでむし歯が達した状態。まだ強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものがしみることがあり、触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

むし歯の範囲が小さければC1同様の治療で済みますが、むし歯が歯の深部にまで広がっている場合には、麻酔をして患部をけずり、型取りをしてから製作した詰め物を装着します。

むし歯●C3(神経まで達したう触)
むし歯菌が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。激しい痛みを感じる場合が多く、さらに進行して神経が壊死してしまうと、細菌が根の周囲で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

このレベルまで悪化してしまった場合には根管治療が必要となります。麻酔をして、根管治療によって壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

むし歯●C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態。神経が死んでいるので痛みは少ないものの、むし歯菌が血管を通って体全体に広がってしまい、心臓病や腎臓病を引き起こす危険もあります。

ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。

歯周病治療の流れ

STEP1.歯みがきと歯石除去

まず精密な検査を行い、歯ぐきや歯槽骨の状態、歯周病を悪化させる要因の有無などを分析し、治療計画を立てます。 ブラッシング指導を行い、歯石を除去し歯ぐきを引き締めます。

下へ

STEP2.修復物やかみ合わせのチェック

歯垢を取りやすい口内環境にするために、適合の悪い修復物は除去します。また異常なかみ合わせがあると変な力がかかり、歯槽骨が吸収しやすくなるので噛み合わせの調整も行います。 さらに歯周病が進行している場合は、全体のバランスや歯の価値を考えて早期に抜歯することもございます。再度精密な検査を行い、状態がよければメンテナンスに移行します。

下へ

STEP3.歯周外科処置

歯周基本治療を行っても深い歯周ポケットが残っている場合、再発の可能性があるため、歯周外科を行います。

下へ

STEP4.メンテナンス

安定した状態を維持するため、メンテナンスを行います。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科



TOP